さいたま市北浦和より徒歩9分 | 整形外科・リハビリテーション科

オゾン療法

難治性の痛みや現代医療から見放された病気に対して、十分に効果があり期待が持てる治療です。ご相談下さい。

オゾン療法

当クリニックではオゾン療法をおこなっています。
1.オゾン大量自家血液療法
2.オゾン局所注射療法
※自由診療 医師にご相談ください。


21世紀期待の代替医療である
万病に期待あり
難治性疾患の救世主か?
ガン治療の救世主か?
疼痛疾患の救世主か?

最強のアンチエイジングか
疲労回復に最強!!


古より地球の上空にあって、有害な紫外線を吸収して皮膚癌などの発生を防ぎ、地球の生命体を守り続けているオゾン層の存在はよく知られています。
そのオゾン(O3)を使って病気を治すオゾン療法は、約70年前にドイツで研究開発されて以来、その治療の安全性と各種難病に対する有効性は高く評価されています。現在、ドイツ、フランス、イタリア、オーストラリア、スイス等のヨーロッパ諸国を中心に1千万以上の人々がこの優れた伝統医学・オゾン療法の恩恵に浴しています。

オゾン発生装置
オゾン発生装置
オゾン大量自家血液療法を
うけている院長
日下診療所にて)
オゾン療法は日下診療所日下院長より直接指導をうけました

 

オゾン療法の主な臨床効果

  1. 病原菌の殺菌、ウイルスの不活化作用:ウイルス性肝炎、ヘルペスなどに有効
  2. 血行改善作用:下肢閉塞性動脈硬化症、静脈瘤、冷え性などに有効
  3. 免疫細胞活性化作用:癌細胞を抑制、抗癌剤及び放射線療法の副作用を軽減
  4. 消炎鎮痛作用:関節リウマチ、筋肉痛、帯状疱疹後神経痛、変形性関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄賞、線維筋痛症などの痛みに有効
  5. 脳循環改善、脳細胞代謝促進作用:脳梗塞、物忘れ、老人ボケに有効
  6. 動脈軟化作用:老人現象を改善し、容姿の若返りが顕著に認められる
  7. 副腎、脳下垂体活性化作用:ストレスや過労による慢性疲労症候群に有効
  8. 創傷治癒促進作用:褥創、潰瘍、感染性皮膚炎に有効
  9. その他で無効であった種々の難治性疾患についても相当な有効性が認められた

治療方法

  1. オゾン大量自家血液療法
    オゾンの全身投与法。各種難病に対し、最も安定した治療効果が期待できる。
    自家血液100mlをオゾン加酸素と混合し、静脈から注射する
  2. オゾン局所注射療法
    オゾンを皮下、筋肉、関節内等の患部に直接、注射する。
  3. 経皮的オゾン療法
    オゾンガスまたはオゾン水を直接、皮膚患部に使用し、難治性の褥創や皮膚潰瘍及び感染性皮膚疾患にすぐれた治療効果をあげている。
  4. オゾン直腸注入療法


オゾン療法の効果が最近、話題になっています。
オゾン療法の治癒機構は、現時点で簡略に言いますと、「オゾン療法は、オゾンと生体物質との反応生成物(オゾン誘導化学種)による各種細胞への刺激を出発点として、人の自然治癒力を高めている方法」です。

1.オゾンとは
オゾンは科学式でO3と書き、酸素のO2と同じガス体です。成層炎圏にはオゾン層がありますが、オゾンには人間には有害な紫外線を吸収する性質があるので、普段から私達を皮膚癌や悪性腫瘍などの発生からオゾンは守ってくれています。オゾンは通常の空気の中にも微量に含まれており、特に森林や海辺の自然の多いところには多く含まれています。オゾンは特殊な臭いがすることでギリシャ語の「臭」う(ozein)から名づけられました。なお、オゾンは空気より多少重い気体です。

2.オゾンの作用
  1. 殺菌作用
    オゾンの酸化力はフッ素に次ぐ強いものです。したがって殺菌からウイルスに至るまでの病原性微生物を殺す作用があり、この抗菌スペクトルに他の抗菌剤や微生物質は及びません。この強力な殺菌作用は主に飲料水の浄化や、食物、空気の殺菌、脱臭など、環境衛生の立場から世界中で利用されています。
  2. 生体への作用
    治療に用いたオゾンは生体成分と直ちに反応して無くなり、ある種の反応生成物(オゾン誘導化学種)ができます。
    Ⅰ)鎮痛消炎作用
    炎症細胞に働きかけ、酵素シクロオキシゲナーゼ2の産生を阻害し、炎症のもとでプロスタグランジンの生成を抑えます。
    Ⅱ)免疫作用
    免疫細胞に働きかけ、様々のサイトカイン(例えばインターフェロンyなど)を産生させて免疫効果をもたらし、病気の予防に有効です。
    Ⅲ)抗癌作用
    インターフェロンやその他のサイトカインなどの抗ガン物質を誘導させることができます。シタガッテオゾン療法との併用により、抗ガン剤の量を減らすことができます。
    また、患者のQOLを向上させることができます。
3.禁忌
  • 甲状腺機能亢進症
  • G6PD欠損症
  • 妊婦

    4.オゾン療法の副作用
    重篤な副作用なし


  • オゾン療法 自由診療 ※予約制
    初回説明、同意書
    オゾン自家血液療法 12,340円(予約必要)
    オゾン自家血液療法+ビタミンC大量点滴 13,370円(予約必要)
    オゾン局所注射療法 3,080円(予約必要なし)
    清水整形外科クリニック
    〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町2-24-8
    TEL:048-881-6738 FAX:048-881-6738
    Copyright(C)清水整形外科クリニック. All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます】